学資保険プロジェクト!子供の将来に備える学資保険のいろは

学資保険は絶対に必要なのは間違いがない

妊娠期間中から学資保険に入ることを考えていたため、出産と同時にインターネットで検索して返還率が高かった外資系生命保険会社にシミュレーションをお願いし、営業さんに来てもらいました。
担当してくれた営業さんは望み通りに学資保険の説明をして下さいましたが、その他に主人と私の保険加入内容を聞くと色々なプランを出してきて、今日はそれが目的ではないからとその日は帰ってもらい、主人と相談して学資保険に加入したのです。

中学校入学時に給付金、高校入学時に給付金、高校卒業前に満期金の支払いがあるパターンの商品で、140万円ほど支払って150万円ほどの戻りになる予定です。

気に入って加入し、年払いで18年間の契約ですが、同じ年に子供を産んだ高校の時の友人の家に遊びにいった際、うちは学資保険か終身かで悩んで終身保険で積み立てすることにした、と言われました。
終身保険が学資保険の代わりになるとは思えなくて話を聞くと、学資保険よりも利率の良い終身保険を18年で支払い済みにして解約しても、しっかりと貯まった現金が戻ってくること、終身保険にしていれば万が一学資目的でお金を使
わなかった場合にそのまま保障として持っておけること、被保険者の死亡で保険金が貰えるので、主人にもしものことがあって時の死亡保険の上乗せになることを解説されたのです。

賢い人はいるものだ、と思いました。

子供が小さい間だけ父親の死亡保障は厚くあるべき、という考えは私も同じでしたので、そうしておけば、夫に万が一のことがあっても死亡保障として現金は手には入りますから学資にまわすことも出来ますし、貯金があって解約の必要がなければそのまま持っておけば更に運用で増えるかもしれない、ということなのです。

学資にもでき、期間限定の死亡保障にもなるのです。
我が家にきた担当の人はその友人の家に来た担当者と同じ保険会社でしたが、そのような話、説明は一切なかったのでちょっとがっかりしました。
もしそのような話があったのなら、私は終身保険を選んだでしょう。

一人目の子供でそのような経験をしたので、二人目を産んだあとでは終身保険を短期間で支払う方法にしました。
お金の貯まりはその当時でも現在でも、終身保険の方が勝っています。
出来れば一人目にかけた学資保険と貯金で子供二人の進学費用を賄って、支払い済みの終身保険は老後のために残しておきたいと考えていますので、これからは貯金に励むのみです。

家族が増えることをきっかけに加入した保険

結婚後にすぐに保険に加入したのですが、あまり保険自体を理解していないこともあり、言われるがままに保険を払い続けていました。まだ結婚したばかりで収入も少ないということもあり、保険の支払いがきつく感じていました。その後、子どもが産まれて家族が増えることをきっかけに保険を見直すことになったのです。

その時に加入していた保険は、貯蓄型の保険だったため保証以外の貯蓄部分のせいで支払いが大きくなっていました。ですが貯蓄は貯金ですればいいということで、掛け捨ての保険に加入することにしました。夫婦の保障は、それ以外に万一夫婦の一方が死んだ場合の生命保険です。葬式代と、死後しばらく働かなくてもいいようにするための額の保険を選びました。

さらに夫の分は、子どもが未成年のうちに死んでしまったら遺族年金で不足する分の生活費の保障をする保険です。これに入っておけば、給料相当分が保険で支払われるので妻は生活の心配をすることなく育児もできます。

保険を見直すまでは、万一の時はどうしたら良いのだろうという不安がありました。
特に子どもが産まれるとなってからはよりその思いは強くなっていました。もちろん万一の時には働くつもりではいますが、どういう状況かなんていざなってみないことには分かりません。

保険の外交員さんはもう少し厚い保障にしておかないと、いざという時の備えとしては足りないんじゃないかと言いました。ですが、保険で「いざ」の備え全てをする必要はありません。結局掛け捨ての保険では、満期になれば何も残りません。保険はあくまでも保険だというスタンスでいるべきだと思いました。

しかし、学資保険の返戻率の関係を知って意識が変わったのです。

返戻率とは、支払った額に対して受け取る金額をパーセンテージで表したものです。学資保険に加入すると、毎月一定の保険料を支払うことになります。

支払った額の分だけ保険金を受け取るかというと、実はそうではありません。学資保険の返戻率は100%が基準となっています。

100%ならば、支払った額と同額の金額を満期金や祝い金として将来受け取ります。しかし、100%ピッタリの学資保険は、ほとんどないでしょう。現在販売されている学資保険のほとんどは100%を超えています。

平均の返戻率は105%前後、高いものでは110%超え、場合によっては120%にもなるのです。
出典元サイト:学資保険おすすめランキング【公式】

このように、学資保険を選ぶときには返戻率もしっかりと意識した上で選ぶことが重要なのです。

それと同時に学資保険も加入しました。学資保険も大学の費用全てをまかなう必要はないと感じていたため、半分程度の額で掛けています。学資保険は夫の万一の時には残りの支払いは免除になるのが大きなメリットですが、それよりも途中で支払えなくなって解約することのほうが不安でした。夫が子どもが成人する前に亡くなる確率より高く感じてしまいました。

保険だけでは不足する保障ではありますが、貯金ならどんな時に何にでも対応することはできます。どちらかが優れているというよりは、保険も貯金もどちらも大事です。保険の外交員さんに色々言われると気持ちに迷いも生まれますが、自分の頭で考えて保険を選べたことは大きな収穫だと感じています。

もう少し自分に寄り添って考えてくれる外交員さんが相手なら、もう少し良い条件の保険もあったかも知れません。保険は大きな買い物でもありますし、一度に全て決めるのではなくじっくり考えることは大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です