r8dgz4jk のすべての投稿

学資保険プロジェクト!子供の将来に備える学資保険のいろは

学資保険は絶対に必要なのは間違いがない

妊娠期間中から学資保険に入ることを考えていたため、出産と同時にインターネットで検索して返還率が高かった外資系生命保険会社にシミュレーションをお願いし、営業さんに来てもらいました。
担当してくれた営業さんは望み通りに学資保険の説明をして下さいましたが、その他に主人と私の保険加入内容を聞くと色々なプランを出してきて、今日はそれが目的ではないからとその日は帰ってもらい、主人と相談して学資保険に加入したのです。

中学校入学時に給付金、高校入学時に給付金、高校卒業前に満期金の支払いがあるパターンの商品で、140万円ほど支払って150万円ほどの戻りになる予定です。

気に入って加入し、年払いで18年間の契約ですが、同じ年に子供を産んだ高校の時の友人の家に遊びにいった際、うちは学資保険か終身かで悩んで終身保険で積み立てすることにした、と言われました。
終身保険が学資保険の代わりになるとは思えなくて話を聞くと、学資保険よりも利率の良い終身保険を18年で支払い済みにして解約しても、しっかりと貯まった現金が戻ってくること、終身保険にしていれば万が一学資目的でお金を使
わなかった場合にそのまま保障として持っておけること、被保険者の死亡で保険金が貰えるので、主人にもしものことがあって時の死亡保険の上乗せになることを解説されたのです。

賢い人はいるものだ、と思いました。

子供が小さい間だけ父親の死亡保障は厚くあるべき、という考えは私も同じでしたので、そうしておけば、夫に万が一のことがあっても死亡保障として現金は手には入りますから学資にまわすことも出来ますし、貯金があって解約の必要がなければそのまま持っておけば更に運用で増えるかもしれない、ということなのです。

学資にもでき、期間限定の死亡保障にもなるのです。
我が家にきた担当の人はその友人の家に来た担当者と同じ保険会社でしたが、そのような話、説明は一切なかったのでちょっとがっかりしました。
もしそのような話があったのなら、私は終身保険を選んだでしょう。

一人目の子供でそのような経験をしたので、二人目を産んだあとでは終身保険を短期間で支払う方法にしました。
お金の貯まりはその当時でも現在でも、終身保険の方が勝っています。
出来れば一人目にかけた学資保険と貯金で子供二人の進学費用を賄って、支払い済みの終身保険は老後のために残しておきたいと考えていますので、これからは貯金に励むのみです。

家族が増えることをきっかけに加入した保険

結婚後にすぐに保険に加入したのですが、あまり保険自体を理解していないこともあり、言われるがままに保険を払い続けていました。まだ結婚したばかりで収入も少ないということもあり、保険の支払いがきつく感じていました。その後、子どもが産まれて家族が増えることをきっかけに保険を見直すことになったのです。

その時に加入していた保険は、貯蓄型の保険だったため保証以外の貯蓄部分のせいで支払いが大きくなっていました。ですが貯蓄は貯金ですればいいということで、掛け捨ての保険に加入することにしました。夫婦の保障は、それ以外に万一夫婦の一方が死んだ場合の生命保険です。葬式代と、死後しばらく働かなくてもいいようにするための額の保険を選びました。

さらに夫の分は、子どもが未成年のうちに死んでしまったら遺族年金で不足する分の生活費の保障をする保険です。これに入っておけば、給料相当分が保険で支払われるので妻は生活の心配をすることなく育児もできます。

保険を見直すまでは、万一の時はどうしたら良いのだろうという不安がありました。
特に子どもが産まれるとなってからはよりその思いは強くなっていました。もちろん万一の時には働くつもりではいますが、どういう状況かなんていざなってみないことには分かりません。

保険の外交員さんはもう少し厚い保障にしておかないと、いざという時の備えとしては足りないんじゃないかと言いました。ですが、保険で「いざ」の備え全てをする必要はありません。結局掛け捨ての保険では、満期になれば何も残りません。保険はあくまでも保険だというスタンスでいるべきだと思いました。

しかし、学資保険の返戻率の関係を知って意識が変わったのです。

返戻率とは、支払った額に対して受け取る金額をパーセンテージで表したものです。学資保険に加入すると、毎月一定の保険料を支払うことになります。

支払った額の分だけ保険金を受け取るかというと、実はそうではありません。学資保険の返戻率は100%が基準となっています。

100%ならば、支払った額と同額の金額を満期金や祝い金として将来受け取ります。しかし、100%ピッタリの学資保険は、ほとんどないでしょう。現在販売されている学資保険のほとんどは100%を超えています。

平均の返戻率は105%前後、高いものでは110%超え、場合によっては120%にもなるのです。
出典元サイト:学資保険おすすめランキング【公式】

このように、学資保険を選ぶときには返戻率もしっかりと意識した上で選ぶことが重要なのです。

それと同時に学資保険も加入しました。学資保険も大学の費用全てをまかなう必要はないと感じていたため、半分程度の額で掛けています。学資保険は夫の万一の時には残りの支払いは免除になるのが大きなメリットですが、それよりも途中で支払えなくなって解約することのほうが不安でした。夫が子どもが成人する前に亡くなる確率より高く感じてしまいました。

保険だけでは不足する保障ではありますが、貯金ならどんな時に何にでも対応することはできます。どちらかが優れているというよりは、保険も貯金もどちらも大事です。保険の外交員さんに色々言われると気持ちに迷いも生まれますが、自分の頭で考えて保険を選べたことは大きな収穫だと感じています。

もう少し自分に寄り添って考えてくれる外交員さんが相手なら、もう少し良い条件の保険もあったかも知れません。保険は大きな買い物でもありますし、一度に全て決めるのではなくじっくり考えることは大切ですね。

思いもしないところから保険について考え加入に至った

社会人になって4年が経ちました。
親からはそろそろ将来のこともしっかり考えて、保険も自分に合ったものを選びなさいと実家に帰るたびに言われました。
テレビCMを見ていても、社会人になって保険に入ったというものが放送されており、そろそろ考えないといけないなとは思いつつも加入に踏み切れずにいました。
学生時代から親が加入させてくれていた保険があったのでそれでも良いのかどうか、本当に何か起こったときに大丈夫なのかと少し不安には思っていましたが全く内容も確認することがありませんでした。
そんな私が本格的に保険加入について考えるようになったのは、仕事先での出会いがきっかけでした。
私は現在、不動産会社の総務として働いています。主に賃貸を扱っている会社です。
業務では火災保険の加入手続きなどは行っていましたが、そのほかは全く保険に関わることは行っていません。
この仕事で出会ったのが、女性のお客様でした。
住むお部屋探している方で、何度も会社に足を運んでいただいており、私は事務職ではありましたがお席までご案内したりお茶を出したりするうちに顔見知りになりました。
たまたまお話する機会がありお仕事は何をしているのかお伺いすることができました。
保険の販売を行っているということでした。私は保険屋の知り合いもおらず、何が何だか分からない保険について相談できる人がいませんでした。
その旨をその女性に相談すると、こんなにお世話になっているのだからぜひお話させてくださいとその場でいろいろと保険について教えていただけました。
年金の積み立てのものもあったり、がん保険や女性特有の病気に対する保険などやはり様々な種類がありました。
いろいろありすぎて頭がごちゃごちゃするからと避けてきた保険の話でしたので、正直どの保険がオススメなのかを詳しく伺いました。
ご自身のお仕事はお休みの日なのにも関わらず丁寧に説明していただき、とても勉強になりました。
その日は全くそんなつもりではお越しいただいていなかったので、後日またいらっしゃる際に私にオススメの保険を選んで来ていただけるとお話をいただきました。
私は家に帰ってから教えていただいた保険の種類に関してメリットやどんな会社があるのかをいろいろと調べました。
ですが結局はやはりたくさんありすぎて頭がごちゃごちゃになってしまいました。
お話させていただいた女性は、良いところも悪いところもきちんとお話してくれましたし、実際にご自身がご加入している保険に関してのお話もしていただきました。
後日、彼女がいらっしゃった際に選んできていただいた保険について説明をしていただき納得したうえで保険に加入することができました。
思いもよらないところでの出会いとはなりましたが、やはりどんな営業でもしっかりと信頼できる人に出会えればしっくりくる商品を選ぶことができると感じました。
彼女を信頼することができ、彼女の選んだ保険に加入することができよかったと思っています。

主婦なので入院保険とがん保険を重視して入っています

私は50代の主婦で夫はもうすぐ定年になります。
どちからというと、私にもしもの場合があっても夫の給料があればなんとか生活はできると思っています。

なので、今まで保険のことは気にしないでいたのですが、子供が小さいときに子宮筋腫の手術を受けることになりました。
ほんとうに運がいいので、悪性じゃなかったので1週間で退院が可能でした。

なので、入院費というとそんなにかからないと思っています。
退院したあとですが、1か月くらい調子が元通りにならなかったと思います。
私は、食事は手作りで安い材料を買ってきて、節約をしていました。
それが、体を崩したことで外食やお惣菜が増えて一気に食費が上がりました。

このようなことがあるので、やはり主婦の保険は必要だと思っています。
特に入院した場合、子供を預けたリ外食が増えたり負担が多くなっていきます。
貯金が十分あればいいのですが、入院で安い費用で入れるものがあったので入りました。

また、がん保険は夫が20代のころから入っていたのですがこれはお母さんががんになった経験からです。
当時はがん保険というのはなかったので、かなりの負担があったと聞きます。
お母さんも運がよく、退院して元気に暮らすことができています。

がんは再発するといわれますが、2回なっている人も多いようですね。
がん保険は診断されたときに出るタイプのもの、そして在宅療法にも使えるプランを選びました。
がんの手術は進歩していて、1日で終わって退院するケースもあると聞きます。

ただ、職場復帰やいつものように働くことができないので在宅療養費は必要だなあと思います。
先進医療も使うかどうかわかりませんが、1000万まで大丈夫です。
途中で特約制度があり、少しですが脳卒中も診断されると出ます。
もし、今なら7大成人病の保険が安心だなあと思うのです。

また、介護保険について興味があり、これからは有料のホームしかはいれないという事態がくるような気がします。
子供たちにめいわくはかけたくないので、費用は親が出すつもりです。
障害に応じて保証が変わるプランは、これから検討したいと思っています。

保険料が高いと入れるかどうかわからないので、できるだけ若いときに考えているのがいいですね。
年金も気になりますが、最後は介護費用の負担がどれくらいかかるかは気になります。
在宅ヘルパーの制度も、もう少しよくなって安心できる社会がきてほしいと思います。
元気で暮らせるように健康には気を付けて、生活したいですね。

初めて自分が契約者として加入した養老保険

高校を卒業して某建築会社に入社した私は、首都圏近郊にある事業所に配属されました。うちの会社には食堂があり、そこで昼食時には食事を摂るのですが、社員が一斉に集まる場所なので保険屋のおばさんたちが勧誘しに来ています。食事時や少しくつろいでいるときなど食堂内には十名近くの保険屋さんの顔を目にします。いずれは自分のところにも保険の勧誘に来るだろうなと思っていたら案の定、一人のおばさんが寄ってきて「あなたは保険に入っているの?」と尋ねてきたのです。

私は保険に興味がなかったので、適当にあしらおうと思い実家の方で加入していると答えました。しかしそれは自分では保険を掛けていないと答えたようなものなので、保険屋さんからすれば絶好のターゲットになるのです。すかさず保険屋さんがこう切り出してきました。

「保険は家族の方が掛けているのは、あなたを心配しているからよね。あなたはその保険がどういう内容か分かります?」

実際掛けているか分からないし、保険についての知識もなかったので答えられず困った表情を浮かべていました。そこから間髪入れずに保険について長々の説明を受けることになりました。保険に加入することのメリットは病気やケガの時でも貯金から切り崩すことなく入院や手術保険金が得られること、また保険料控除が適用されるので税金対策にもなります。こうした説明を受けることで保険加入に前向きになりました。確かに社会人になったのだし自分で保険を掛けておくのも必要かなと感じたのです。

こうして保険に加入することになったのですが、加入した保険は15年満期の養老保険で掛け金は15000円とちょっと高めです。しかし貯蓄型の保険なので満期になると300万円になります。病気やケガの入院で保険金を使っても満期保険金からは差し引かれませんし、計算したら約30万円も得します。よくよく考えたらこれはいい保険に入ったかなと思いました。

それにこの当時、会社の寮に入っていたので住居費もそんなにかからず給料は殆ど自分の小遣いになったので月々15000円の出費なら問題ありませんでした。加入してから二週間後、保険証券が郵送で送られてきたのですが、それを眺めていると俺も保険に入ったんだなと実感が込み上げてきました。社会人として大人としての自覚が芽生えたような気がしました。

それから15年経過した私は病気やケガもなく無事満期を迎えることになりました。満期保険金を受け取った私は引き続き自分のための保険を新たに掛けることにしました。若い頃と違って家族もできて自分だけの体ではないと自覚していますから保険の大切さ重要さは身に染みて感じています。しかしなるべく保険金を使わないよう健康で過ごしていきたいです。

入って良かった。安心保険は後になって重要さに気がつく

私は、40代後半の主婦です。
主人は数年前には保険に入っていましたが、私は、保険には加入していませんでした。

主人の保険は、しっかりと入院、手術をサポートする形の保険なので、もしもの時に戻るお金は本当に少ないです。

今は、ネットですぐに契約出来る保険や月々の支払いが少ない掛け捨て形など多々あります。
月々の支払いは抑えたいし、でも保証は充実した物を選ぶのは当然の事だとおもいます。

今は何も無くても、これから先に何があるか分からない、という思いもあり万が一私に何かがあったらと不安な気持ちはありました。

2年前程、主人が契約している保険の担当者に、見積もりを出して貰ったのですが、あれもこれもと付けてしまうと、月々の支払いに大変になる様な金額に、加入するのを諦めてしまいました。

でも、私には持病の高血圧があり、同じ年代の知り合いが、乳癌になり入院、手術に豊胸とお金が掛かってしまった。とか、子供の同級生のお母さんは脳梗塞で急に他界してしまったり。

そう言った話を聞いたり、身近に起こってしまうと一層不安な気持ちはつのるばかりです。

私は仕事柄、昨日まで元気だったのに…。という人生最後を過ごす様な職場だったので、年の順とも言いがたい光景を目にして来ました。

今年のお正月、同じ職場の人が、交通事故に合い1ヶ月の入院になった事がありました。
交差点で車に跳ねられたのですが、ご本人は、「青信号で渡っても、車に跳ねられるのよ。」と、笑って言っていましたが、私としては何だか、他人事の様には思えませんでした。

3月になり、保険の内容も充実して値段もお手頃になったと、主人の担当の方から連絡を頂きました。

何通かの見積もりを出してもらい、入院、手術は勿論の事、女性特有の病気に10大疾病に先進医療に死亡した場合に戻るお金もあるというものでした。

高血圧の疾病が、あっても加入出来るというので、すぐに、契約に踏み切りました。
それでも、月々の額は九千円位にはなりますが、自分の年齢や持病を考えると、まだ、お手頃なのかな?っと、いう思いはありました。

主人も何も無いよりは、安心を買っていると思えば良いいよ。と、私が、保険に入った事で、主人も安心したみたいでした。

年数を重ねる事に、加入が難しくなっていきます。
人生、今は、90、100歳まで長生きする時代を考えると、私はまだ、半分位しか生きていない事になります。

保険に加入した安心と、健康維持に気を付けながら、長い人生の残りを楽しんで行けたら良いなぁ~と思います。

保険に入るタイミングは?自分に必要なものは?

保険は皆さんどのようなタイミングで加入しますか?

ただ何となく入っておくか~、みたいな思いつきで入る事って少ないですよね。

子供が産まれたから学資保険に入るかー、とか車を新車にしたから自動車保険入ってるけど見直してみようかな?とか。

でも保険て実際どこの保険が1番いいの?って考えた時に悩んだ末に結局アポ無しの飛込み営業とか仕事のお付き合いで入ったり、友人に頼まれて入ったり、という流れが保険に加入する1番多いパターンです。

とりあえずお付き合いなどで入ってみたけど数年経ったあたりで
「この保険は本当に意味があるのかな?」
という疑問が出てくる時があります。

ここで私の体験談を1つ

私は親族が保険代理店をしており、田舎という事もあって勧められた保険は殆ど加入していました。

2.3年後に自分の通帳をマジマジと見て引き落とされる保険の種類と金額を見て、こんなに必要なのかな?という疑問が生まれました。

しかし、親族だったので辞めるとも言い出せず、保険を使うことなくただお金をドブに捨ててる感覚でずっと過ごしていましたが、ある事をキッカケに保険を見直すことに成功しました。

ネットでよく見る「保険の無料相談」というやつです。

ファイナンシャルプランナー(以下FP)が無料で今の保険と家庭の状況を照らし合わせて今の暮らしに1番合ったものを提案してくれるという内容です。

なんかネットで申し込みとか胡散臭い気がするじゃないですか?でも全然そんな事なくて普通に真摯なサラリーマン風の人が家に来てくれて親身になって相談を聞いてくれました。

この保険はここの会社よりこちらの方がいいですね、これはもう少し手厚い保証に変えておいた方がいいです。

など、日本にある40種類以上の保険会社の中から1番適している会社、内容を提案してくれました。

親族の絡みでなかなか保険を切り替えにくい趣旨を伝えたら、波風立たないようにFPの人が窓口に立って交渉してくれるというので、一緒に相談に行きました。

私の場合、運が良かったのですが、切替などを提案された保険は親族の会社でも取り扱いしていたので何の抵抗もなく切替する事ができました。

保険に悩んでいる人は続けるか、辞めるか、の二択ではなく、保険会社の切替も視野に入れると選択肢がかなり広がると思います。

切替するにもどうしていいか分からないのであれば是非1度私が書いた「ネットで無料の保険見直し」を使ってみてください。

無料でFPに相談できるサイトは今や沢山あります。

参考にして頂ければ!