2017年4月

入って良かった。安心保険は後になって重要さに気がつく

私は、40代後半の主婦です。
主人は数年前には保険に入っていましたが、私は、保険には加入していませんでした。

主人の保険は、しっかりと入院、手術をサポートする形の保険なので、もしもの時に戻るお金は本当に少ないです。

今は、ネットですぐに契約出来る保険や月々の支払いが少ない掛け捨て形など多々あります。
月々の支払いは抑えたいし、でも保証は充実した物を選ぶのは当然の事だとおもいます。

今は何も無くても、これから先に何があるか分からない、という思いもあり万が一私に何かがあったらと不安な気持ちはありました。

2年前程、主人が契約している保険の担当者に、見積もりを出して貰ったのですが、あれもこれもと付けてしまうと、月々の支払いに大変になる様な金額に、加入するのを諦めてしまいました。

でも、私には持病の高血圧があり、同じ年代の知り合いが、乳癌になり入院、手術に豊胸とお金が掛かってしまった。とか、子供の同級生のお母さんは脳梗塞で急に他界してしまったり。

そう言った話を聞いたり、身近に起こってしまうと一層不安な気持ちはつのるばかりです。

私は仕事柄、昨日まで元気だったのに…。という人生最後を過ごす様な職場だったので、年の順とも言いがたい光景を目にして来ました。

今年のお正月、同じ職場の人が、交通事故に合い1ヶ月の入院になった事がありました。
交差点で車に跳ねられたのですが、ご本人は、「青信号で渡っても、車に跳ねられるのよ。」と、笑って言っていましたが、私としては何だか、他人事の様には思えませんでした。

3月になり、保険の内容も充実して値段もお手頃になったと、主人の担当の方から連絡を頂きました。

何通かの見積もりを出してもらい、入院、手術は勿論の事、女性特有の病気に10大疾病に先進医療に死亡した場合に戻るお金もあるというものでした。

高血圧の疾病が、あっても加入出来るというので、すぐに、契約に踏み切りました。
それでも、月々の額は九千円位にはなりますが、自分の年齢や持病を考えると、まだ、お手頃なのかな?っと、いう思いはありました。

主人も何も無いよりは、安心を買っていると思えば良いいよ。と、私が、保険に入った事で、主人も安心したみたいでした。

年数を重ねる事に、加入が難しくなっていきます。
人生、今は、90、100歳まで長生きする時代を考えると、私はまだ、半分位しか生きていない事になります。

保険に加入した安心と、健康維持に気を付けながら、長い人生の残りを楽しんで行けたら良いなぁ~と思います。

保険に入るタイミングは?自分に必要なものは?

保険は皆さんどのようなタイミングで加入しますか?

ただ何となく入っておくか~、みたいな思いつきで入る事って少ないですよね。

子供が産まれたから学資保険に入るかー、とか車を新車にしたから自動車保険入ってるけど見直してみようかな?とか。

でも保険て実際どこの保険が1番いいの?って考えた時に悩んだ末に結局アポ無しの飛込み営業とか仕事のお付き合いで入ったり、友人に頼まれて入ったり、という流れが保険に加入する1番多いパターンです。

とりあえずお付き合いなどで入ってみたけど数年経ったあたりで
「この保険は本当に意味があるのかな?」
という疑問が出てくる時があります。

ここで私の体験談を1つ

私は親族が保険代理店をしており、田舎という事もあって勧められた保険は殆ど加入していました。

2.3年後に自分の通帳をマジマジと見て引き落とされる保険の種類と金額を見て、こんなに必要なのかな?という疑問が生まれました。

しかし、親族だったので辞めるとも言い出せず、保険を使うことなくただお金をドブに捨ててる感覚でずっと過ごしていましたが、ある事をキッカケに保険を見直すことに成功しました。

ネットでよく見る「保険の無料相談」というやつです。

ファイナンシャルプランナー(以下FP)が無料で今の保険と家庭の状況を照らし合わせて今の暮らしに1番合ったものを提案してくれるという内容です。

なんかネットで申し込みとか胡散臭い気がするじゃないですか?でも全然そんな事なくて普通に真摯なサラリーマン風の人が家に来てくれて親身になって相談を聞いてくれました。

この保険はここの会社よりこちらの方がいいですね、これはもう少し手厚い保証に変えておいた方がいいです。

など、日本にある40種類以上の保険会社の中から1番適している会社、内容を提案してくれました。

親族の絡みでなかなか保険を切り替えにくい趣旨を伝えたら、波風立たないようにFPの人が窓口に立って交渉してくれるというので、一緒に相談に行きました。

私の場合、運が良かったのですが、切替などを提案された保険は親族の会社でも取り扱いしていたので何の抵抗もなく切替する事ができました。

保険に悩んでいる人は続けるか、辞めるか、の二択ではなく、保険会社の切替も視野に入れると選択肢がかなり広がると思います。

切替するにもどうしていいか分からないのであれば是非1度私が書いた「ネットで無料の保険見直し」を使ってみてください。

無料でFPに相談できるサイトは今や沢山あります。

参考にして頂ければ!